企業概要

環境への取り組み

今、脱炭素社会の実現が世界共通の課題となっています。とりわけ、自然が豊かな長野県に生まれ育まれた私たちにとって、かけがえのない自然環境を確実に次の世代につなげていくことは大きな使命です。カシヨは環境方針を制定し、地球環境の保全と継続的改善に努めてまいります。

環境方針

トップマネジメントは、次の通り環境方針を定める。 環境方針は、文書にして全従業員に周知させるとともに、一般に公開する。

環境方針

基本理念

日本人の心のふるさと長野県に立地する企業として、たえず自己革新し、自然と人間が共生する豊かな地域社会づくりに貢献する。

基本方針

  • 不合格品発生を防止し、非生産的な資源・エネルギーの消費を低減する。
  • 機材の点検・整備を確実に行い、効率化を図るとともに、事故・不具合発生を未然に防止する。
  • 地域のリーダー企業として、環境に配慮した製品、資材、工程の研究開発に努め、その結果をお客様への企画提案、情報提供に反映させる。
  • 環境関連法規を遵守し、汚染を予防する。
  • 環境目的および目標を設定し、定期的な見直しを行って、よりレベルの高い環境マネジメントシステムを構築する。
制定 2001年1月15日
カシヨ株式会社
代表取締役 清水 光朗
印刷業ならではの環境対策も積極的に推進

コンピュータデータから直接刷版を出力するCTPの導入に全国の業界に先駆けて取り組んできた結果、CTP化率は99.2%に向上しました。また、大豆油インキ・エコインキの使用により、石油系インキの使用を抑制、平成26年からはノンVOCインキを導入しています。さらに、品質管理による不合格品の未然防止、紙の再生の促進により、紙類の焼却割合を3.8%まで低減しました。 営業部門では、お客さまに対し、分別処理が容易な製本、フィルムを使わない表面加工、納品の際の「通い箱」利用などを提案し、地球環境への負荷を低減する取り組みを広げています。

FSC®森林認証制度への取り組み

カシヨは、貴重な森林資源を保護するために、「適切に管理された森林」から切り出された木材を使って作られた紙であることを証明し、取扱うことができる「FSC®COC認証」を取得しています。この制度は、当社で使用する紙が「いつ、どこの、どの森林から切り出された木材であるか」の履歴を明確にし、適切に管理された森林から作られていることを証明できるものです。 [FSC®COC認証取得(C008865)]